calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

profile

categories

latest entries

comments

recommend

links

watch

blogpet

moon calender

戸川純/ヤプーズ

OTTO

archivs

search

moble

qrcode

sponsored_links

other

<< Mt.Deliciousのライブへ…♪ | main | うちの子… >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

龍口明神社

 10月5日。

腰越の龍口明神社の例大祭に行ってきた。

写真撮ってたら、おじいちゃんにナンパされた♪
写真撮ろうとしてたら、おじいちゃんも乱入!


夕方6時に、2日間町内を巡ったお神輿が神社に帰ってくるところを見るためだ。
日が沈み、薄暗くなった境内には神灯が掲げられ、その下に屋台が立ち並ぶ。

横浜から湘南に移り住んで約10年。
昔、「江ノ島にカップルで行くと、弁天様がヤキモチを焼くから別れる」なんて話
を聞いたことがあるが、芸能の神・弁財天を祀る江島神社に通うようになって、
様々な御縁を授けて頂いたのだが、そこで知るようになった縁起によれば、
江ノ島の弁天様にはちゃ〜んと旦那さまがいらっしゃるのだ!
それが、この神社の御祭神・五頭龍さまだ♪

江島縁起の伝説によれば、
鎌倉に昔、五つの頭を持つ龍がいて悪行を重ねていた。そこへ弁財天が天から
舞い降り、天女に恋心を抱く五頭龍を諭して悪行をやめさせた。この五頭龍を祀
るのが龍口明神社で、天女の天下りとともに出現した島が現在の江ノ島であり、
五頭龍は海を離れて江ノ島の対岸に住み山に姿を変えた。(藤沢市龍口山)
そして、共にこの地を守るようになった。 …とか。

ちなみに、現在の龍口明神社の神主さんは女性で、江島神社の宮司さんの奥様だ。
息子はサーファーで、イケメン神主(33歳独身)である♪

さて、先ずはお参りを…と、拝殿前に進み、普段は江島神社にお勤めの岡田宮司
さん(旦那さんの方)がいらしたので、ごあいさつ。お話しながらお神輿の帰りを待っ
ているところに、鎌倉市長も秘書を伴いやってきた。
やがて、お囃子連に先導された2基のお神輿が神社の境内へと入ってきた。
先導する神職は、例の息子のサーファー神主くんと、江島神社の権宮司、相原さん。
改めて、江島神社との深いつながりを思わせる。

参道で2基のお神輿が揉み合い、数人の男女が入れ替わり奏される祝歌に応えて
担ぎ手達のかけ声が一段と大きくなる。
ここのかけ声は、「どっこいどっこい、どっこいそ〜りゃ!」が基本形だ。
(…各地のお神輿、それぞれに独特の掛け声があるから面白い♪)
しばらく繰り返した後、お神輿は拝殿前に無事に据えられ、氏子総代が音頭を取り、
集まった皆の衆で三本締めをして、神事は終わった…。


19日には、玉依祭(崇敬会の例大祭)で、
神事の他に、古事記朗詠・龍笛演奏、百人一首歌唱の奉納があるそうなので、
また出かけてみようと思っている。

龍口明神社と江島神社。
「夫婦参り」とかって、参拝ツアーとか流行ったら面白いのにな…♪

こちらは古いお神輿だよ★
旧いお神輿も飾ってあった♪

mixi日記でも、お祭りの写真を公開中です♪




| 日本を味わう | 11:04 | comments(0) | canah |

スポンサーサイト

| - | 11:04 | - | スポンサードリンク |

Comment

Send a message










Trackback URL

http://canah777.jugem.jp/trackback/10

Trackback